ガストンのスコアボム大量生産技

私はよくガストンを使うのですが、ガストンの小技を紹介します。ガストンの使い道といえばコイン稼ぎで、スキル発動後、ロングチェーンを組み、スコアボムを出しボムキャンセル、またロングチェーンを組み、スコアボムを出しボムキャンセル、三度目のロングチェーン前にスキル効果時間終了を見てからチェーン開始でスキル発動、という流れが基本的な使い道だと思いますがスコアボムだけを大量生産する小技があります。

それはスキル発動中にボムが出現する程度のチェーンを組むと通常であれば効果なしのマジカルボムがでるところがすべてスコアボムに代わります。

あまり使うこともないテクニックだと思いますが、スコアボムをたくさん消すなどといったミッションでは役立つ技だと思うので機会があればやってみてください。

広告

ガストンは5→4アイテム不要!コインアイテムだけでOK

コイン稼ぎでかなり人気のあるガストンですが、野獣と違う意味で大器晩成型です。というのも野獣はスキル5からでもそこそこ活躍できますが、ガストンはスキル5でもかなり使い辛いのです。しかしスキル6になったらかなり強く、慣れれば5→4アイテムも不要で稼ぐことができます。

5→4アイテムを使うと最初のスキル発動までが早いので有利ですが、使わなくてもスキルが1度でも発動できればスキルループできますので5→4アイテムのコイン代1800枚も不必要になり、さらにコインが貯めることができます。

やはり5→4アイテムを使った時と比べるとコイン枚数は若干劣りますが、使わなくても5→4アイテム使用時と同じくらい稼げるときもありますので、スキルマガストンを所持することができたら是非コインアイテムのみで挑戦して欲しいです。

1プレイでのジェダイルークの稼ぎには負けますが、ガストンはかわりに回転がいいのでプレイヤーレベルの上昇にも向いていますね。

スキルレベル6のガストンはどれくらい稼げる?アイテムありで10回プレイ!

スキルマのガストンで10回プレイしてみました。

果たしてコインはいくら稼げるのか?

 

1回目 7342枚

2回目 6509枚

3回目 6561枚

4回目 7510枚

5回目 7396枚

6回目 6758枚

7回目 5386枚

8回目 6354枚

9回目 6727枚

10回目6847枚

 

合計 67390枚

平均  6739枚

 

大体5000~6000枚くらいなのですが、調子よかったです。

僕はガストンのスキルが発動してループしだしたら、蚊取り線香のように外側から内側に向かってらせん状に消していくスタイルです。

ガストンの強さと評価 コイン稼ぎ最強クラス!スキルマックスで野獣越えも

ガストンの特徴

男の子のツム まゆ毛のあるツム 肌色のツム 毛を結んだツム 黒いツム

ヴィランズツム えりが見えるツム リボンをつけたツム 美女と野獣のツム

最大スコア

1030

スキル

スキルレベル1 マイツム出現率50%

スキルレベル2 マイツム出現率60%

スキルレベル3 マイツム出現率70%

スキルレベル4 マイツム出現率80%

スキルレべル5 マイツム出現率90%

スキルレベル6 マイツム出現率100%

 

スキルマックスで本領発揮する晩成型ツム

スキルマックスで真価を発揮するタイプのツムです。スキルレベル5からも使えるみたいですが、僕は6からじゃないと使いこなせませんでした。6から劇的に使いやすくなります。

コイン稼ぎ力がトップクラス

1プレイで6000コイン以上は十分に稼げるツムです。手練れの人なら8000コインもいくそうですが、僕は調子よくて7000コインくらいです。

慣れてくると5→4アイテムもいらなくなる

大体のツムは5→4アイテム使用前提のコイン稼ぎになると思いますが、ガストンは慣れてくると5→4アイテムも必要なくなってきます。つまり5→4アイテム代の1800コインを消費しなくて済むのでその点でも他のツムより有利になります。コインアイテムは使っていきましょう。

育つまでが遠い

スキルマックスまでが非常に長い道のりになるので、そこは我慢してスキルチケットなど貯めていきましょう。

スキル発動後の操作が難しく初心者向けとはいえない

スキル発動後の操作が結構複雑ですので、消去系と違って簡単ではありません。慣れるまでかなり練習が必要になると思います。素早くロングチェーンを組む技術が求められます。

マイツムだけが育ち、サブツムが育てられない

ガストンのスキルはマイツムのガストンがふってくるものですので、ガストンばかりが育っていきます。そのためサブツムが育てられないという欠点があります。

 

育て上げればコイン稼ぎでは間違いなくトップレベルなガストンですが、素早くツムツムを消すのが苦手という人にはお勧めできません。自分のプレイスタイルとプレイヤースキルと相談して育てるか考慮してください。